★教習の受け方は?

 受講方法は、入校式の際にご説明しますが、概要は以下のようになります。

 〜 技能教習 〜

  1.予約を取る
      ○予約は校内の予約機、またはホームページ、携帯よりお取り下さい。
      ○取得可能時期と取得可能時限数(持ち時間)は時期によって異なります。
      ○予約当日のキャンセルは、必ず教習開始10分前までにご連絡下さい。
       (ご連絡頂けばキャンセル料は不要です。)


  2.配車券の発行手続きをする
      ○事務所カウンターにて、教習開始10分前までに手続きして下さい。
       (締め切り時間を過ぎた場合はご乗車頂けない場合があります。)


  3.教習原簿・配車券等を所定の場所に提出

  4.装備類の準備と準備体操
      ○プロテクター・ゼッケン・腕章などを装着し、準備体操に参加して下さい。


 〜 学科教習 〜

  1.技能教習のような予約は必要ありません(第2段階の救急法を除く)。
    学科教習日程表(入校式、及び事務所カウンターにて配布)に従って、まず
    第1段階から受講します。
      ※受講する順番は、教程@以外は決まっていません。
      ※四輪免許所持の方が受講する学科は、第2段階の教程11です(後述参照)。


  2.第2段階の学科教習は、技能、学科の両方の第1段階が修了してからの
    受講となります。
    なお応急救護処置(救急法)は予約が必要です。 第1段階が修了したら
    必ず予約をお取り下さい。
      ※第1段階同様、受講する順番は決まっていません。
      ※四輪免許所持の方も受講する教程11は、危険予測シミュレーターとのセット教習(2時限の
       連続受講)となります。 学科教習日程表には記載されていません。 危険予測シミュレーター
       (2時限)を受講することで受講したこととなります。


  3.全ての学科教習が修了したら、効果測定(学科テスト)を受験します。
      ※効果測定を受験していないと、卒業検定が受験できません。
      ※四輪免許所持の方は、受験しません。



 〜 その他 〜

  ★技能教習、学科教習とも50分が1時限と法律で定められています。 遅刻した場合
   は、教習をお受け頂く事が出来ません。 また教習途中での退席等も、教習時間の
   欠略として不成立(無効)となります。