チーム阪神ライディングスクール 
      & 柏南自動車教習所
FIM2000世界耐久選手権
シリーズ第4戦
鈴鹿8時間耐久ロードレース
 〜写真集〜
 〜現地実況「生レポート」〜
                  当時の掲示板より

 2000/07/26 23:31

 皆さん、こんばんわー。鈴鹿からの第1日目のレポートでーす。

 今日は搬入。
 9:00に尼崎を出発して塚本〜松原〜西名阪では、覆面パトを数台横目に見ながら進む。

 12:30 鈴鹿サーキットへ。
 今日は、パス・コントロールが無いので、ゲートは素通り。 おお!すでに第1パドックは満タン。
 ピット・レーンまで乗りつけて荷おろしスタート。
 いつもはゆっくり降ろすんですが、なんか前夜祭(今年はTRFのライブなどなど)の準備があると
 いう事で超急ぎで降ろすハメに!

 いよいよセッティング。
 ちゃ〜んと、みなさんの《応援ボード》はピットのど真ん中に貼りましたよー。

 14:30〜選手受付。 メカニックのW辺氏と共にコントロール・タワーへ。
 そうそう、知ってる? 今回は第3ライダーに、みんなの教習車の整備を担当しているI井選手が
 出るんだけど、その登録料だけで1まん7せんえんもかかるんですよ。(今時、ゴルフも平日なら
 もっと安いのに)
 いろんな書類を提出し、ライダーの腕章・バイクに付ける計時装置などを受け取り終了。

 その後はあっちこっち汗ダクで走り回りながら、今日の一日は終わりました。

 今日は有名なライダーがゾクゾクと鈴鹿に到着。
 昨年は、スペンサーが来てたんで、ドキドキしながら横を通ったりしたんですが、今年はそういう
 意味での目玉がいないかなぁ〜(私的に見たみたいのはロッシ君かなぁ)。

 そうそう、金曜日の予選は各チームがA・Bに分けられててね、それぞれの上位10位までが、
 土曜日のスペシャル・ステージに出るんです。 昨年は予めサーキット側がA・Bの振り分けを
 していたんで、いろいろと問題があったんです。 だから今年は公開抽選でグループ分けが
 行われたんですが、ウチはAグループ。
 詳しくは解んないですが、Bグループの方に強豪がそろったらしいです。 ラッキィ〜♪

 おっと、明日は6:30出発なんでこのくらいでゴカンベンを・・・
 今年も、みんなの夢を乗せて走ります。
 明日の《生レポ》を、お楽しみにぃ〜・・・


 2000/07/27 23:27

 みなさん、こんばんわー。 鈴鹿からのレポート2日目です。 今日は主に練習走行です。

 朝6:30にホテルを出発。
 有料走行の受け付けを済ませて、8:00から1時間、1回目の走行。
 まずはセッテイングを詰めるのが1番なんで、出ては入り、入っては出るの繰り返し。
 あっという間に1時間が終了です。 次の走行まで1時間40分。 その間コースはBグループ
 が走行し、ウチはマシンの整備。 そうしていると、モニターに転倒したバイクが映ってる!

 「誰やぁ?あれ・・・」「マシンは赤っぽいなぁ〜」「ライダー、座ったまま動かんで・・・」
 あれやこれや言ってると放送が・・・  「ゼッケン33 岡田が転倒!」
 優勝候補一番手のチームが・・・! まして、伊藤ではなく岡田が?!。
 (伊藤ファンの方ゴメンなさい)
 聞いたところでは、靭帯を痛めたらしいんでどうなることやら・・・

 その後、午前に1回走行、昼に車検、午後に1回走行。 午後の方は公式練習なんで全チーム
 の計時がなされ、ウチは2分12秒ちょっと・・・Aグループでは5番手 (ワーイ!) 10番手まで
 が土曜日のスペシャル・ステージに出られるんで、今のところはマズマズ!
 ・・・でも、Bグループは凄い。 上位チームは2分8秒台! 7位までが2分10秒台!!
 (ちなみに、〇〇〇センセが、その昔RG250γで走ったとき、3分30秒だったんだなぁ。。。)
 あぁ〜、Aグループで良かったぁー。 だって、スペシャル・ステージに出るだけで賞金が出るの
 ですよ! そりゃぁ、ライダーの真剣になっちゃいますよ、ねぇ!

 練習走行が終わってからはピット作業の練習。ファクトリー・チームのピット作業はメチャ早い!
 隣の隣がカワサキRTなんですが、だいたい11秒くらいで給油・前後タイア交換・ライダー交代を
 やっちゃいます。
 ウチは今日のところは14秒くらい。 明日もあさっても練習は続きますよー。

 さて、いよいよ明日の金曜日は予選です。
 午前に第1ライダー・第2ライダーが各30分、午後にも同様に走ります。
 そうそう、昼に30分、夜に30分 第3ライダーの『I井選手(みなさんの教習車を整備してくれて
 いるお兄ちゃん)』が走ります。 応援して下さいね。
 でわ・・・明日も早起きだぁ〜!


 2000/07/29 00:56

 皆さん、こんばんわぁぁぁ〜 8耐レポート3日目、今日は予選です。

 前にもお伝えした通り、A・Bそれぞれの上位10番手までが土曜日のスペシャル・ステージに
 出られます。
 ところが、こちら鈴鹿は朝から雨!
 どうなることやら・・・と思いつつ9:00から第1ライダーの西嶋選手がスタート。
 1回の予選はたったの30分間。ほとんどのバイクがレイン・タイヤで出ましたが、何台かはカット
 スリックでした。 パラパラ雨が降る中、2分29秒969で5番手!
 (トップはホンダの玉田 2分25秒859)
 9:45からのBグループ第1ライダーの時は、雨もやんでドライ・コンディション。
 (トップはホンダの宇川 2分9秒235)
 10:30からは、第2ライダーの鶴田選手。同じくドライ・コンディション。2分12秒280の6番手
 (トップはホンダのロッシ君 2分9秒519)

 でもここで問題発生! コーナーリングでフロントがかなりブレルとのこと。
 ちょっとタイヤが波打ってるようだったんで 「コレが原因か?」 とひとまず様子を見てみよう
 ってことに。

 11:15からのBグループ第2ライダーの走行。 トップはホンダの加藤 2分8秒037!
 12:00からは、第3ライダーの今井選手。 でもタイム・アタックはせずにタイヤのブレ確認。
 (それでも10位!・・・凄い!)

 午後は14:45から午前と同じくAグループ第1ライダーの西嶋選手から。 ここでもまた
 雨の直後! 路面はハーフ・ウェット状態。 2分17秒713の4番手!
 (トップはホンダ エドワーズ 2分13秒038)
 Bグループを挟んで(コレもドライ)鶴田選手。 2分12秒590の7番手。
 ところがやっぱりフロントがブレブレとのこと。 原因不明でメカニックとライダーが「あーだ、
 こーだ・・・」と議論するもやっぱり?状態!
 ちなみに、その間に走行したBグループの第2ライダー予選で、カワサキの井筒が2分7秒
 942! 唯一7秒台です!

 17:45から、夜間走行練習。まず鶴田選手が乗り、ブレが解消していないのを確認後、
 フロントフォークの交換。 それが早いの何のって・・・あっという間に出来上がり! なんとか
 ブレは解消したようで、ホッと胸をなでおろしました。
 今日は雨が降ったりやんだりで、メカニックはホント大変でした。(900SS氏の念力かー?)
 ・・・が、暑さはマシなので、氷の消費や飲み物の消費は少なくて私は少々楽をさせて
 頂きましたョ!
 そうそう、今日は『ケビン・シュワンツ』が横にいました。 ラッキー! ちょっと感激っ!

 明日は午前中に4時間耐久があるんで、ちょっとゆっくりできるかなぁ?
 (その分、夜は遅くなりますけど・・・)でわでわ


 2000/07/30 00:23

 じゃーん!とうとう決勝前夜となりました。

 今日ピット・ウォークの時に【ろむみ】さんが来てくれたんです。 さーて、明日は誰が来て
 くれるかなぁ?
 実は今回のレポート、TRFのライヴ中に書いてるんですよ。 今、すぐそこでやってます。
 まあコレは原稿ですから後ほど『ニセHたん』にファックスすれば、HPにカキコしてくれる・・・
 って訳です。

 ところでね、ライヴ途中に有名ライダーがステージにバイクで登場ってシーンがあるんです。
 ナント、ウチの『鶴田選手』が乗っかって登場したのは《ZEP750 HRSスペシャル!》
 そうです、教習車です!これにはみんなドギモを抜かれ、宣伝効果バッチリだぁー!

 さーて、いよい決勝です! 皆さんの夢を乗せて走ります!
 究極の安全運転をお見せしましょう。
 来られる方、ピットでお会いましょうねぇー・・・


 2000/08/01 01:30
 
 『2000 コカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレース』現地生レポートの最終回です。

 7:30からピット・ウォークが始まるんで6:20ごろサーキット入り。 昨日に引き続き在校生
 の【H田さん】ドモでした。

 スタートは11:30ですが、なんでか毎年スタートのときには買出しに行ってたり、荷物運んで
 たりしてるんで「今年こそは」と思ってたんですが、どうしても買いに行かなきゃいけないモノが
 あって、10:30ごろに原付で買出しに。 「まぁ、間に合うやろ」と思ってたら店を3軒も回る
 羽目に。
 「あ〜もう11:00すぎてしもうた!」と少々焦りつつサーキットへ。 実はず〜っとしたかったこと
 があったんです …スタート前にグリッドに行く… 今年もかなわぬユメと終わってしまった(寂)。

 いよいよスタート!
 とりあえず“完走”すれば結果はついてくるはずなんで、だいぶん前ココに書いてあった「無事
 これ名馬」という コトバを考えつつ緊張しておりました。

 スタート直後は22番手くらいだったけど、あっという間に10番手くらいまでに。
 (記憶のみで書いてますんでゴカンベンを)

 走ってる間、私やヘルパーはスタッフ・お客さん用の飲み物や食べ物の用意と管理、1時間
 ごとの公式結果の受け取り、買い出し、ピットインの際の前後のガード役などなど。

 途中、次々にファクトリーたちが転倒し1つずつポジションアップ。
 序盤は「ヨシムラ」と「PIAA」と競るも、これらをパス。
 目の前の敵はチーム高武&桜井ホンダ。
 差は20秒ちょっと。 ここでなんと、バイクが炎上する転倒があってペースカーが!
 「高武はどこや!」と思ったら目の前。 コレはガッツポーズもんでしたねぇ。
 
 レースが再開してから、転倒して順位を下げてたエドワーズ・ロッシ組がなんとウチより4〜5秒
 速いラップで背後に。
 「こら抜かれるなぁ」と思ってたらライダーチェンジ直後のエドワーズが転倒!
 これもまた、思わずガッツポーズがでましたねー。
 その後たんたんとレースは進み、トップは宇川・加藤組、2位 柳川・井筒組、3位 梁・北川組、
 以下 カワサキ、ヤマハ、高武、ウチ、ヨシムラで進みます。

 観客の皆さんにはサーキットビジョン(でっかいテレビ)であっちこっちが見られるんですが、
 ピットにもモニターが2台備え付けてあって、1つはサーキットビジョンと同じ画面、もう1つは
 順位が見られるんです。 ピットの後ろのテーブル席にもテレビを1台持っていってて、お客
 さんたちが座ってレースを見られるようにしてるんですが、いきなりアナウンサーが「たった今、
 悲しいお知らせが届きました。」って涙声で…。
 ご存知のように8耐ではじめての死亡事故がありました。ご冥福をお祈りします。

 その後ヤマハがマシントラブルでリタイヤ。 6位!(ココで提示板に15番が載りました)

 ゴールは19:30なんで、乾杯用のビールを冷やすため17:30ごろ氷の買い出しへ。
 帰ってみるとカワサキのピット裏に“黒山の人だかり”が(?)何かなって聞くと2位だった井筒が
 転倒! 5位!!  ここからの残り時間は長かった〜。 おまけに終了20分前から雨が降るし
 (すぐやんだからよかったけど)。 オフィシャルからの通達で終了後のライダーの通行方法が
 届き、見ると5位まではいったん車両がキープされて車検を受けなきゃならないとのコト。
 「よ〜し! 車検受けようや!!」とメカニックから声がかかり一気に気合いが入ります。

 このへんからピット前の看板を片付けたり、シャッターを閉める用意をします。だってゴールの
 後、ゲート開放してお客さんが一気に入り込んでくるんです。“何か”置いてたらすぐ盗られちゃう
 んですよ。

 残り5分。
 いてもたってもいられずピットレーンへ。1分 30秒 10秒! 恒例のカウントダウン。
 「5・4・3・2・1 ゴール!」スタッフ全員ピットレーンからガッツポーズ〜歓喜の嵐。

 急いでピットの入り、シャッターを閉めライダーの帰りを待ちます。メカニックは車検があるんで、
 まずは1回目の乾杯。みんな握手したり抱き合ったり…。「そろそろ来てるんとちゃう?」と
 シャッターをちょこっと開けてHRS応援団を中へ。
 で、恒例の花火。 いつもコレ見ると「終わったぁ〜」って力が抜けちゃいます。
 花火が終わるとビールかけの始まり!
 ビールがなくなると缶コーヒーはかけるわ、ウィダーインゼリーはかけるわ…。

 その後片付けして、ホテルにいったん帰り内輪だけの祝賀会。西嶋選手・鶴田選手・今井選手・
 W辺メカニック・U本(ビーライン)メカニック・サインマンのT辺氏・ヘルパーのK山さん・S戸
 (事務所)さん・そして私の9人だけ。
 ところがその店にシュワンツさんが!S戸は携帯電話にサインしてもらってました。(今もサイン
 には“34”って書いてましたよ)

 一夜開け、今日は撤収。ピット内・チームスイート(貸し部屋)を汗だくで片づけして13:00ごろ
 帰路へ。

 帰りはW辺メカニックと4tトラックで。いろいろレースを振り返りながら“いい”疲れを感じながら
 戻ってまいりました。
 もっともっと、皆さんにお伝えしたいことはいっぱいあったんですがこれにて。

 最後に、皆さんのおかげで今年もいい8耐ができました。
 ライダー・メカニック・チームスタッフ・HRS職員一同、皆さんに御礼申し上げます。

 「バンザーイ・バンザーイ」

 〜公式結果などなど〜
公式結果1 公式結果2 カワサキ機関紙「KAZE」 デイリースポーツ
※かなりファイルサイズはでかいです。ご了承ください。








TOP



Copyright© 2002 by Hanshin Riding School All Right Reserved.